top of page
logo.gif
検索

安藤忠雄氏が隣接する小学校の東西線上に設計したリニアな校舎、播磨高原東中学校


播磨高原東小学校(以下・高原東小)の東側にシンメトリーに立ち並ぶ、播磨高原東中学校。

高原東小と同じく外観にはV字型列柱、そして楕円型の体育館を備えたコンクリート造の建築だ。


高い天井から自然光をいっぱいに取り込み、ダイナミックな広さを有する廊下は、のびのびと心と体を成長させる環境が整っている。



校歌で「夢の階段」と表現された大階段、「光る回廊」と歌われる体育館と校舎をつなぐ渡り廊下など、未来への希望が込められたかのような設備があちらこちらに。


校章題名「無限の力」は安藤忠雄氏による書



校舎横に配された楕円形の体育館は、打放しのコンクリートがつるりと美しい巨大な造形物のよう。


だだっ広い空間になりがちな体育館はアーチ屋根の丸みで、柔らかい雰囲気が感じられる


県立大学の教授やSPring-8の研究者が特別授業を行うこともあり、立地を活かした豊かな学びを得られる、唯一無二の公立中学校となっている。



 

播磨高原広域事務組合立 播磨高原東中学校

兵庫県たつの市新宮町光都2-4-1

☎︎:0791-58-0981


設計:安藤忠雄/安藤忠雄建築研究所

竣工:1997年



閲覧数:21回
bottom of page