logo.gif
検索

テクノを芸術文化の拠点に。

「第4回 テクノ・ジャズ・フェスティバル」が開催されました!


播磨科学公園都市まちびらき20周年記念をきっかけに、テクノを芸術文化でも輝く街にしようと始まった「第1回テクノ・ジャズ・フェスティバル」(2017年)。

新型コロナウイルスの影響による2度の中止を乗り越え、3年ぶりに「第4回 テクノ・ジャズ・フェスティバル」が開催されました。



ジャズ・ファンとしても名高い、司会の元ラジオ関西・三浦紘朗さんの呼び込みで幕が開くと、広瀬未来クィンテットのエネルギッシュな演奏でスタート。



神戸出身の広瀬未来さんはラジオ関西の番組「KOBE JAZZPHONIC RADIO」のパーソナリティーも務めるほか、さまざまなプロジェクトで演奏はもちろん、作曲・編曲も行う注目のトランペッター。新曲を含めたオリジナル4曲を演奏した後、スペシャルゲストの佐藤恭子さんが加わると『ストレート、ノー・チェイサー』を共演。興奮冷めやらぬまま第一部は終了しました。



第二部では、ニューヨークから帰国した高免信喜トリオが出演。第二の故郷とも言える上郡町をモチーフにした『Home away from home』や、サックスプレイヤーの佐藤恭子さんを交えて『Life is now』など数曲を演奏。ときに軽快に、ときにしっとりと歌うようにギターを響かせると、観客からは自然と手拍子が起こり、会場はあたたかな雰囲気に包まれていました。




第三部は出演者全員によるジャム・セッション。ラストは『What a wonderful world』のメロディーがコロナ禍の社会を励ますようにやさしく響き、盛大な拍手で幕を閉じました。



 

第4回 テクノ・ジャズ・フェスティバル

2022年8月28日


会場:兵庫県立先端科学技術支援センター センター棟大ホール


出演:

広瀬未来クィンテット

・広瀬未来(T)

・西口明宏(Ts)

・樋口広大(D)

・中林薫平(B)

・加納新吾(P)

高免信喜トリオ

・高免信喜(G)

・會川直樹(D)

・棚橋俊幸(B)


スペシャルゲスト

・佐藤恭子(S)


主催:3Mプロジェクト協議会

写真提供:野村久雄さん


閲覧数:84回